岐阜と愛知、求人・転職の支援ブログ

岐阜県と愛知県の正社員採用やキャリア転職の疑問点や悩みを解決するブログです

社会人なら知って損は無い基礎知識 ~ 雇用保険の手当 ~

雇用保険は国の保険制度であり、強制保険です。

 

毎月の給与から保険料が引かれていると思いますが、

労働者にとってどのようなメリットがあるのでしょうか(゜レ゜)?

 

雇用保険の目的とは

失業した場合や雇用の継続が困難になった時に、生活や雇用の安定を図る為必要な給付を行うことです。

 

また、育児や介護などやむを得ない理由で休業しなければならない場合も給付を受けることができ、定年再雇用などで賃金が減った場合などにも継続して就労できるように給付を受けることができる制度です。

 

f:id:hyumanet:20170920171809p:plain



 

雇用保険の財源

雇用保険は国(厚生労働省)が管理運営を行い、その事務手続きや給付業務はハローワークが行います。

主な財源は被保険者と加入事業主から納められる保険料です。

また、国庫も一定の割合を負担して雇用保険の維持運営は行われています。

 

 

さまざまな保険給付

意外と知られていない、知らないと損する手当をご紹介します。

f:id:hyumanet:20170512153639p:plain



 

●技能習得手当
基本手当(失業保険)の受給資格者が再就職に向けてスキルアップを目指し、公共職業訓練を受ける時に支給されます。

技能習得手当には公共職業訓練の受講日数に応じて支給される「受講手当」と、通う旅費の「通所手当」があります。

 

●傷病手当
基本手当の受給資格者が求職の申し込みを行った後に、15日以上継続して怪我や病気のために就職することが困難な場合に支給されます。

 

 

●高年齢求職者給付金
高年齢継続被保険者が失業したときに支給されます。

離職前の雇用保険被保険者期間に応じて、30日分もしくは50日分に相当する金額が一時金で支給されます。

 

●就業促進定着手当
再就職手当を受給し、その再就職先に6ヶ月以上継続して雇用されていて、再就職後の給与が前職の給与に比べて一定の割合で低下している場合は就業促進定着手当の支給を受けることが出来ます。

 

●広域求職活動費
就職活動のうえで、ハローワークの紹介により遠方にある企業へ赴く際に、交通費や宿泊費が規定により支払われます。

 

 

このように、さまざまな形で生活を支えるのも雇用保険の役割です。

もちろんどれも手続きは必要になりますが、保険料を払っているからには受け取れる給付金は受け取りましょう。

 

転職でお悩みのあなた

~正社員の安定雇用~ 

未経験から航空機業界へのチャレンジも可能

お気軽にご連絡下さい ☟

 

 

 

 

 

 

社会人なら知って損は無い基礎知識 ~ 雇用保険の役割 ~

働いている人なら誰もが加入する保険

雇用保険

雇用保険は国の保険制度であり、強制保険です。

 

毎月の給与から保険料が引かれているけれど

これは一体どんな役割をしているのか皆さんご存知ですか?

 

働く人のさまざま状況に応じて、サポートしてくれます。

 世間に広く知られているのが、失業保険ではないでしょうか。

失業した時に、生活費が無くては困ってしまいますよね。。。

このような状況をサポートしてくれるのが失業保険(基本手当)です。

 

また、『再就職手当』と言って、失業中の人に出来るだけ早く就職先を決めてもらう為のお祝金制度もあります。

 

これらは雇用保険の役割のごく一部です。

他にもあまり知られていないものがたくさんあるのでご紹介します。

 

 

f:id:hyumanet:20170428092821p:plain

雇用保険の役割を大まかにまとめると、以下の2つ

 

1. 労働者が失業した場合や労働者が職業教育訓練を受けた場合に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給すること

 

2. 失業の予防、雇用状態の是正および雇用機会の増大、労働者の能力の開発および向上を図るための二事業を実施すること(雇用保険二事業)

 

 

 

上記に能力の開発とありますが、このひとつに公共職業訓練があります。

 

公共職業訓練は、公的機関の施設や民間の学校・事業主等に委託して実施される公的な職業訓練の総称です。

求職者や在職者のスキルアップに役立っています。

 

そこではさまざまな科目を学ぶコースが用意されているので、一部ご紹介します。

 

・電気工事科  ・建築大工科   ・機械加工科  

・精密溶接技術科 ・CAD/CAM技術科  ・介護福祉士養成科 

・IT中、上級科   ・WEBプログラミング科 

 ・自動車エンジニア科 ・経理事務スペシャリスト科  

 

 

幅広いジャンルを実施しているようです\(◎o◎)/

 

失業期間中は、失業給付を受けながら、勉強もできるということで

近年利用希望者が増加しています。

 

労働者の為だけではなく事業者の為の役割もある

f:id:hyumanet:20170919145259p:plain

保険料は雇用する側(会社)も払っており、労働者・事業者の双方のための制度なのです。

事業者向けの助成金制度も数多くあります。

雇用保険二事業のうちの1つ「雇用安定事業」は、事業者向けの助成金が主となっています。

 

雇用関係助成金には下記のようなものがあります。

 

特定求職者雇用開発助成金

高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。

 

● トライアル雇用助成金

安定就業を希望する未経験者を試行的に雇い入れる。

 

地域雇用開発助成金

雇用情勢が特に厳しい地域で、事業所を設置して従業員を雇い入れる

 

 

雇用保険は労働者を保護すると同時に事業主を助成する重要な制度なのです。

転職でお悩みのあなた

~正社員の安定雇用~ 

未経験から航空機業界へのチャレンジも可能

お気軽にご連絡下さい ☟

 

 

 

社会人なら知って損は無い基礎知識 ~ 再就職手当とは ~

知らないと損する再就職手当

ハローワークで求職活動をしていると説明される『再就職手当』ですが

 

詳細がイマイチわからない人もいるのではないでしょうか。

 

 

f:id:hyumanet:20170915152807p:plain

 

再就職手当とは

再就職手当とは、就業促進手当とも呼ばれ、失業中の人に出来るだけ早く就職先を決めてもらうのが目的の手当です。

失業保険の所定給付日数が残った状態で再就職した場合に、ある一定の条件を満たしていれば、残りの失業保険の一部を”お祝い金”のような形で支給されます。

 

再就職手当は早くに就職が決まったほうが受け取れる金額も多くなるため、失業保険を全て受け取るより得します。

生活も早く安定するので良いスタートが切れるでしょう。

 

再就職手当を受け取る条件は?

f:id:hyumanet:20170915160016p:plain

再就職手当を受け取るには下記の条件がクリアしていなければなりません。

 

失業保険の残りの支給日数が1/3以上かつ45日以上ある

 

●離職前の事業主に再び雇われたものではないこと

 

再就職先で1年以上の雇用が確実

 

受給資格決定日以降に採用内定をもらっている

 

採用内定が出たのは手続きから7日以降

 

過去3年以内に規定の手当を受けていない(再就職手当 ・常用就職支度手当 ・早期就職者支援金)

 

●再就職先で雇用保険に加入している

 

再就職手当の支給申請をした後にすぐ退職していない

 

給付制限のある人が就職する際は、ハローワークからの紹介であるか、厚生労働大臣の許可する職業紹介事業会社である

 

再就職手当の申請

再就職手当の対象であっても手続きが面倒で申請しない人も多いようです。

しかし、高い金額だと数十万円ももらえるのです。

損しない為にも申請することをオススメします。

再就職したらすみやかに申請しましょう。

 

1.就職先から『採用証明』をもらい、ハローワーク

2.ハローワークで申請書類を受取り、会社に提出。

 必要事項を記入してもらう。

 (出勤状況や一年以上の雇用の見込みを事業主に確認するための書類です。)

3.採用日から一カ月以内に申請書と受給資格者証をハローワークへ提出

 

期限は1ヶ月です。1ヶ月を過ぎてしまうと手当を受け取ることが出来なくなってしまうので注意して下さい。

 

 

転職でお悩みのあなた

~正社員の安定雇用~ 

未経験から航空機業界へのチャレンジも可能

お気軽にご連絡下さい ☟

peraichi.com

 

 

 

 

社会人なら知って損は無い基礎知識 ~ 失業保険とは 03 ~

失業保険は離職後、求職活動中の生活費を国がサポートするものです。

離職後すみやかにハローワークで申請をし、条件を満たしていれば受給資格を

与えられます。

 

 

失業保険の所定給付日数

失業保険は、原則として退職した日の翌日から1年間、失業している期間に限って支給されます。この期間内で給付される日数は、『退職理由』『退職時の年齢』『勤続年数』によって決定されます。

※所定給付日数の範囲内であっても、受給期間の1年を過ぎてしまうと給付金は貰えません。注意しましょう。

 

 

退職理由によって給付日数が変わる

”自己都合退社”と”会社都合退社”では大きく差が出ます。

 

自己都合の退社の場合、受給期間は最大150日間

会社都合の退社の場合、受給期間は最大330日間 となります。

 

会社の倒産または解雇等により再就職の準備をする時間的余裕なくして離職を余儀なくされた場合は特定受給資格者に該当し、一般の離職者に比べ手厚い給付日数となることがあります。

 

 

 

 

失業保険の受給額

f:id:hyumanet:20170914143430p:plain

失業保険の受給額は、基本手当の日額×所定給付日数という式で計算できます。

 

失業保険で受給できる1日あたりの金額を「基本手当の日額」といいます。

 

この「基本手当の日額」は、原則として離職した日の直近6か月に毎月決まって支払われた賃金(通勤費、住宅手当、残業代含む、賞与、退職金は除く)の合計を180で割って算出した金額の約50~80%とされています。

 

 

給付金は28日分づつ振り込まれる

4週間に1度の認定日にハローワークで面談が行われ、受給の認定を受けます。

認定されると、4週間分(28日)の給付金が口座に振り込まれます。

 

就職が決まった時点で失業保険は終わり、給付金は日割りで計算されます。

 

 

 

転職でお悩みのあなた

~正社員の安定雇用~ 

未経験から航空機業界へのチャレンジも可能

お気軽にご連絡下さい ☟

社会人なら知って損は無い基礎知識 ~ 失業保険とは 02 ~

失業保険の受給資格が決まったら

f:id:hyumanet:20170914112716j:plain

退職後、ハローワークに必要書類を提出し、

特に問題が無ければ、失業保険の受給資格が与えられます。

その際に雇用保険受給資格者のしおり”が渡されます。

また、下記4つの説明があります。

 

●失業保険を申し込みした日から7日間は待機期間であること。

●待機期間の7日間は賃金を伴う労働を原則禁止としていること。

雇用保険受給説明会の説明を受け、参加日時を決定させること。

●申し込み日から28日後に行われる第1回失業認定日について。

 

その後の流れ

雇用保険受給説明会

ハローワークでの手続きからおよそ2.3週間後に、雇用保険受給説明会が行われます。

これは、失業保険の仕組み等を説明されるもので、受給者は必ず参加しなければなりません。

 

この説明会の時に「求職活動計画書」「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」の3点が配布されます。

 

・失業認定日

4週間に1度、失業認定日というのがあります。

この日にハローワークへ面談に行き、失業認定を受け、失業中であると認定されれば

失業保険を受け取る事が出来ます。(給付金は申請書に記入した口座に振り込まれます)

 

これはあくまで、就職活動を行っている事が原則となります。

就職する気がない人には、失業保険は支払われない仕組みとなっているため、定期的に

就職活動をしているのかチェックされます。

 

インターネット等で求人情報を閲覧した程度では就職活動と見なされません。

求人への応募、ハローワーク主催の講習会、認可されている民間機関が主催するセ

ミナー受講等が、就職活動にとなります。

 

 

転職でお悩みのあなた

~正社員の安定雇用~ 

未経験から航空機業界へのチャレンジも可能

お気軽にご連絡下さい ☟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会人なら知って損は無い基礎知識 ~ 失業保険とは 01 ~

失業保険とはどんなものかご存知ですか?

意外と知らない人も多い”失業保険”

知らないと損してしまうかもしれません。

f:id:hyumanet:20170525114709j:plain

 

失業保険の内容と、受け取る条件などをまとめました。

 

失業保険とは

失業保険は正しくは雇用保険の失業給付”といいます。

失業した時に、生活費が無くては困ってしまいますよね。。。

このような状況をサポートしてくれるのが”失業保険”。

再就職するまでの生活費を国から支給されます。

 

失業保険は仕事をやめた全ての人が受け取れるの?

失業保険は、残念ながら誰でも受けられるわけではありません。

 

 ●本人に就職する意思と能力がある。

 ●積極的に求職活動を行っている。

 ●離職日以前の2年間に被保険者期間が12カ月以上ある。

 

これらの条件をクリアしていなければなりません。

 

転職活動をしている人であれば、受け取れる。

雇用保険では『退職=失業』ではありません。

仕事に就きたくて積極的に転職活動を行っているが、なかなか就職先が決まらない人を対象に失業保険を給付しているのです。

こんな状況の人は対象外

病気やケガ、妊娠などさまざまな理由で、すぐに働けない人は失業状態と認められません。

 

失業保険を受ける手続きはどのようにする?

まずは、退職した会社から”離職票”と”雇用保険被保険者証”を受け取り、ハローワークへ行きましょう。

 

その際、印鑑、写真、普通預金通帳、マイナンバー通知カード、本人確認証明書(運転免許証など)も必要なので忘れずに!

 

ハローワークでは、求職申込書を記入し、ハローワークカードを受け取ります。

 

その後、窓口でハローワークの職員が各提出書類や求職申込書のチェックを行います。

その際、職員からは求職に関して、具体的な労働条件など質問されます。

 

雇用保険被保険者離職票のチェックが終わると受給資格が決定します。

 

転職でお悩みのあなた

~正社員の安定雇用~ 

未経験から航空機業界へのチャレンジも可能

お気軽にご連絡下さい ☟

peraichi.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマで話題 ドクターヘリに注目

現在放送中の月9ドラマ

 

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

 

ファーストシーズン、セカンドシーズンに引き続き

高視聴率のようですね!

 

藍沢先生、相変わらず冷静沈着でポーカーフェイスですが

やっぱりかっこいい!(^^)!

 

救命ならではの緊張感と緊迫感が

コードブルーファンを飽きさせませんね\(◎o◎)/!

 

 

 

 

このドラマで忘れてはいけないのが

 ”ドクターヘリ”

 

今回はこのドクターヘリに注目してみました!

f:id:hyumanet:20170908140204j:plain

 

日本全国で51機が活躍中

ドクターヘリは現時点で41都道府県で51機配備されています。

 

理想としては各都道府県に少なくとも1機、広いところは複数機、さらに山間へき地や離島などの医療過疎を考えると、80機くらいが望ましいとされます。

 

しかし現状は及ばず。。その理由としては1機の年間の運営費が約2億円かかるという点です。この運営費は全て国と自治体で賄っています。


運営費をいかにして捻出するかが、今後のドクターヘリ普及の鍵でもあります。

 

多い地域で年間約600回出動

ドラマでは日々ドクターヘリが出動していますが、

実際には、1日2件や、週に数件のようです。

人口の数や、海が近い、山が近い、交通量が多いなど

さまざまな条件で出動頻度が大きく変わるようです。

 

ドクターヘリの機種

かつては多目的ヘリコプターの機内を改造していましたが、市場の拡大によりメーカーから必要な装備を搭載した完成品として販売されるようになりました。

 

代表的な機種は、MD902EC135BK117、ベル429、AW109SPグランドニュー です。

 

白の機体に赤色と青文字のデザインを施されていて、どれも似たように見えますが、

実際にはいろんなメーカーが作っているのです。

 

 

ドクターヘリはこれからの日本に更に浸透していくでしょう。

 

 

 

ドクターヘリを作る仕事に携わりたいと思いませんか?

ご興味がある方は、航空機業界とお取引して22年

老舗のヒューマネットにお声掛けください☟

peraichi.com